こんなふうに進めます


01 お問い合わせ

まずは電話かメールでお問い合わせください。

考えていることを簡単にお知らせください。

相談日を決めます。

 

電話でのお問い合わせ

0564-48-5888


 

  ↓

 

02 建築相談

建築に対する希望、予算、家族構成等をお聞きします。

逆によくわからないことを遠慮なく聞いてください。 

 


 

  ↓

 

03 調査・計画・プレゼンテーション

実際に建設地を見せていただき、敷地の状況を把握します。

官庁等で、法規制等のチェックをおこないます。

計画案を作成しプレゼンテーションを行ないます。

 

[ここまでは無料です]


 

  ↓

 

04 設計契約

お互いの考え方が理解しあえ、納得できた時点で設計・監理契約を結んでいただきます。

 

[ここからは有料です]


 

  ↓

 

05 基本設計・実施設計・申請

さらに細かい内容について希望をお聞きしながら、実施案に近づけていきます。

図面やCGやスケッチを利用してイメージを確認します。

資金計画、スケジュールについて、つめていきます。

キッチンなどのショールームへ行き検討します。

 

基本設計を基に、工事業者が見積もりしたり実際に施工するのに必要な詳細な図面を作成します。

 

計画内容が確定した時点で建築確認申請を行います。

その他に必要な申請等があればこれを行ないます。


 

  ↓

 

06 見積り・業者決定・工事契約

完成した設計図を工事業者に渡し見積りを依頼します。

提出された見積書の内容が適正かどうかチェックします。

希望予算にあうように調整を行いながら、工事業者、請負金額、工期、支払い条件等を決定します。

建築主と工事業者のあいだで工事請負契約を結んでもらいます。

 

  ↓

 

07 地鎮祭・着工

日柄のよい日に地鎮祭を行います。

その土地の神様を鎮め工事中の安全祈念をします。

近隣への挨拶を行ないます。

建物の位置を確認します。


 

  ↓

 

08 基礎工事

工事が始まったら設計者は工事が図面どうりに行われているか監理します。

基礎配筋等後でかくれてしまう部分は特に重点的にチェックします。


 

  ↓

 

09 上棟(建前)

日柄の良い日に上棟(建前)を行ないます。 

工事を進めていただいている職人さんへの感謝と今後の工事の安全を祈念します。


 

  ↓

 

10 内外装工事・外構工事

実際に使用する材料(外装材、内装材)の種類や色、設備機器、照明器具等を決定していきます。

途中で変更したくなった場合は、予算や工期への影響を明確にして進めトラブルがおきないようにします。


 

  ↓

 

11 完成検査

工事が完了したら検査機関の完了検査を受けます。

関係者(建築主、設計事務所、工事業者)立会いの上検査を行い不具合があれば手直ししてもらいます。 


 

  ↓

 

12 竣工・引渡し・入居

建物が完全な状態になったら工事業者から建築主への引渡しが行なわれ設計事務所が立ち会います。

工事監理報告書等の書類を引渡します。

設備機器等の使用説明を行います。

入居後も不具合等がある場合はこれに対応します。

 

 

工事着工から竣工までの実例です。