事務所とカフェについて
久松建築計画にはカフェと雑貨のお店が併設されています。 いずれも私が経営しているわけではなくご近所の昔からカフェをやりたかった友人と小さい頃から知っているものづくりが好きな友人(と言っても二人とも私よりだいぶ若い方です)にやってもらってます。

業務エリアについて
業務エリアとしては事務所から車でおおむね1時間30分程度で行ける範囲を考えています。 ただ、今はネットの時代ですので遠方でも受けられる場合があります。 遠慮なくご相談ください。 いままでに設計させていただいた建築は下の地図のようです。 事務所がある岡崎市を中心にいろいろな地域で活動しています。

玄関のホールと土間にかけて大きな引き違いの扉がついています。 決して広い玄関ではありませんが、狭さを感じないよう上部がオープンになっています。 これはにおいのたまりやすい収納の換気にも役立ちます。

デッドスペースになりがちな階段下に机などを取り付けてワークスペースとして活用した例です。

ぬれずに行けるカーポート
家を出たら雨にぬれずに車に乗りたいと思う人は多いでしょう。 予算が許せば建物と一体のビルドインガレージをつくるとかっこいいのですが、なかなかそうもいかない場合があります。 そんな場合でも条件がそろえば安価なカーポートを建物とうまく組み合わせることで実現できます。

広縁を介して和風庭園とつながる12畳の和室です。 通常障子は引違いにするため半分しか開放できないのですが、ここでは両袖の壁に引き込むことによりフルオープンにできるようになってます。(欄間障子も同じくフルオープンにできます。) また雪見障子になっているため下半分だけあけることもできます。...

マンションの全面リフォーム

一級建築士の資格は国家資格となりますので、その免許証には大臣の名前が載ります。 今なら国土交通大臣となるのでしょうが、私たちの時代は建設大臣でした。 当時は免許を取ればその後何もなかったのですが、今は3年に1回の講習を受けその後行われるテストに合格しないといけなくなりました。(理由は…建築士が関与する事件があったから)...

リビングにはソファーというのがなんとなく常識みたいな感じですが、ハンモックという選択肢もあります。 ちょっと非日常的なものをとり込むことで普段の生活が楽しくなるのではないでしょうか。

趣味のためのビリヤード場がある家 ・LDKと一体的にも使える土間のビリヤード場です ・玄関から入ることができ家族の内玄関として使えます ・雨天物干し場や収納として使えます ・ビリヤードで汗をかいたら洗面、浴室へ直行できます ・キッチンからはリビングやビリヤード場や外を見わたすことができます これは実現しなかった計画です。...

さらに表示する