こんなお金が必要です

 

家づくりではご自身の予算(預貯金や借入資金)をしっかりつかんで、これにおさまるよう建築の計画を進めていかなくてはいけません。

 

家づくりに必要な費用は次のようなものがあります。

 

 

 

家づくりに必要な諸費用


01 建築関係費用

 

 建築本体工事 

 ・建築工事

  仮設、基礎・コンクリート、木材・建材、大工、屋根・防水、外壁・板金、鋼製・木製建具、左官、塗装、内装、家具、雑 等

 ・電気設備工事

  幹線、電灯・コンセント、電話・テレビ・インターホン・LAN・火災報知機、照明器具、換気扇、エアコン 等

 ・給排水ガス設備工事

  給水・給湯・排水、衛生器具(キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ・アクセサリー等)、ガス 等

 ・その他設備工事

  床暖房、エコキュート、太陽光発電、太陽熱温水器、ホームエレベーター、ホームセキュリティー、浄化槽 等

 

 各種引き込み負担金

 電気、ガス、水道、下水 等の引込みで必要な場合

 

 外構工事

 門、塀、カーポート、舗装、植栽、造園 等

 

 造成工事

 土地を埋め立てたりする場合必要

 

 地盤補強工事

 表層改良、柱状改良、杭打ち 等 軟弱地盤の場合必要

 

 解体工事

 解体する建物・門・塀等がある場合必要

 

 

02 設計関係費用

 

 設計・監理費

 意匠設計、構造設計、設備設計、現場監理、検査 等

 

 各種申請手続き費

 確認申請、開発申請、建築許可申請、宅造申請、76条申請、地区計画申請 等

 

 検査機関申請手数料

 確認申請、中間検査、完了検査 等

 

 調査・測量費

 地盤調査、敷地測量 等

 

 

03 その他費用

 

 カーテン等費用

 カーテン、ブラインド、ロールスクリーン 等

 

 家具・家電費用

 ソファー、テーブル、テレビ、冷蔵庫、洗濯機 等 新しく買う物

 

 引越し費用

 

 仮住まい費用

 建替え等で建築中に部屋を借りる必要がある場合

 

 地鎮祭・建前等費用

 神主お礼、お供え物、大工祝儀、餅投げ 等

 

 近隣挨拶・職人茶菓子等費用

 クレーム対策・職人の意気高揚等の効果があり工事をスムーズに進めるため必要

 

 登記費用

 表示登記、保存登記 等

 

 各種税金

 消費税、印紙税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税 等

 

 

 

 

 

 

設計・監理料


 

設計事務所が仕事をするための費用には、設計図をつくったり申請をするなどの設計料と、工事現場でいろいろチェックしたりするための監理料があります。

久松建築計画ではおおむね下記のような内容で話し合いにて決定します。

 

 

01 料率

設計・監理料算出は建築工事費に対する料率(%)で決定します。

工事費の8~10%を目安としていて、おおむね次のようになります。

 

建築工事費 料率
2000万以下 10~%
2000万~3000万 10%
3000万~6000万 9~10%
6000万以上 8~9%

02 支払い条件

支払い条件については下記を基準とさせていただきます。

 

設計・監理契約時        10%

設計完了時(工事着手時)    65%

工事完了時           25%

 

 

 

03 含まれることと含まれないこと

設計・監理料(上記の料率により算定したもの)に含まれる業務

 

・敷地調査、法規制調査業務

・基本計画(プレゼンテーション)、基本設計業務

・実施設計業務(意匠設計、構造設計、電気設備設計、給排水設備設計)

・見積り書徴集及び内容査定業務

・確認申請・中間検査・完了検査手続き及び立会い業務

・現場監理・検査業務

 

 

別途必要になる場合のある業務(費用)

 

・検査機関に納める確認申請等の手数料

・確認申請以外の各種申請手続き費用及び申請手数料

・木造以外の場合(鉄骨造、鉄筋コンクリート造等)の構造設計及び構造計算費用

・地盤調査費用

・測量事務所等に依頼する場合の敷地測量費用