LIVING DINING

リビングがホームシアターとして使えるようになっています。 正面の収納台の上にテレビが置かれその前に電動で大型のスクリーンが下りてきます。 プロジェクターは天井につるされ、スピーカーも天井に埋め込まれています。 ダウンライト照明は調光機能付きでお好みの明るさで楽しむことができます。...

平屋のコートハウスにあるリビング・ダイニングで中庭や和室とつながっています。 中庭とつながるところには土間を設けてワンちゃんの居場所となります。 和室の障子は全開できるようになっていて一体的に使えるようになっています。

材木屋さんに並ぶたくさんの板から施主さん自身が気に入ったものを選び出して作ったテーブルです。 世界のここにしかないテーブルでダイニングでの存在感は抜群です。

リビングにはソファーというのがなんとなく常識みたいな感じですが、ハンモックという選択肢もあります。 このリビングには抜群な眺望を楽しむことができるよう二つのハンモックが吊るされています。 右側のストライプ模様のハンモックは二点で吊り下げるもので、いわゆるハンモックと言えばこんな感じというものです。...

柱や梁をダークブラウンに塗装したリビングです。 ダイニングとキッチンは白い天井を貼り、リビングは梁をあらわしにして天井を高くし空間に変化をつけています。 階段は蹴込み板をなくし視線を通すことにより広がりを感じられるようにしています。

屋根にあわせて勾配天井とした2階リビングです。 天井は梁をあらわしとし、無垢の木を貼っています。 ベランダに対して大きな窓を設け明るいリビングとしています。

壁に珪藻土、腰壁と一部壁にシナ合板クリアーを使ったリビングです。 天井は梁をあらわしにして決して広くはない空間に広がりを与えています。 奥のダイニングスペースは吹き抜けとし、上から光を取り込むと同時に2階の気配を感じられるようにしています。

シナ合板クリア仕上げを内装材に使ったリビングです。 天井は梁をあらわしにしています。 白と黒を組み合わせた家具を造り付けたり、白い壁とのバランスをとることにより、木にかたよりすぎないさわやかなインテリアとしています。

薪ストーブというのはある意味とても手間のかかる暖房器具です。 けれどもそのゆらゆら揺れる炎を見ているととても心が穏やかになれるような気がします。 また、その支度をするための小道具もおしゃれです。 薪の調達、火をつける準備、掃除などをめんどくさいと思わず楽しめる方には超おすすめです。...

天井を高くして丸太を出したリビング・ダイニングです。 丸太にはブランコが取り付けてあります。 キッチンには造り付けの食卓があり横には子供のための勉強机が備えられています。

 久松建築計画

 

 〒444-3505

 愛知県岡崎市本宿町上ノ山22

 TEL   0564-48-5888

 MAIL hisakn@gmail.com

 一級建築士事務所

 愛知県知事登録(い-1)第8069号

 

 代表 久松憲正

 一級建築士 大臣登録第235975号 

 

 久松弘子

 一級建築士 大臣登録第261803号